おまとめローン

福岡銀行のおまとめローンの特徴!どんな人が向いている?

複数の借入れ先から借金している人には、おまとめローンという返済方法がおすすめです。おまとめローンは、全ての借入れ先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその1社に借金を返済していくという、借金をまとめて管理しやすくする返済方法です。

この記事では、福岡銀行で利用できるおまとめローンの特徴、どんな人に向いているかをお話しします。

福岡銀行のおまとめローンは着実に返済したい人向け

福岡銀行では、フリーローン「ナイスカバー」をおまとめローンとして利用することができます。ナイスカバーには以下の3つの特徴があります。

1つ目の特徴は、福岡銀行のナイスカバーは金利が低く、さらに固定金利であることです。ナイスカバーの金利は5.9%、9.9%、12.9%の3通りがあり、借入れ金額や返済期間によって金利が決まります。消費者金融のおまとめローンだけじゃなく、他の銀行のおまとめローンと比べても低めな金利に設定されています。しかも、固定金利のため、金利が変わることがなく、将来の借金の返済計画が立てやすい点も借金問題と向き合っていく上で良心的です。

2つ目の特徴は、福岡銀行のナイスカバー6ヶ月〜15年の借入れが可能な点です。他の銀行と比べて長期に渡って借入れることができるので、無理なく自分のペースで返済スケジュールを組むことができます。

3つ目の特徴は、福岡銀行のナイスカバーを利用するには、福岡銀行の口座を持っていなくては利用ができないことです。ナイスカバーを利用するご予定がある方は、今のうちに福岡銀行の口座を開設しておくと事がスムーズです。

口座を作る際は、アプリで口座を開設する方法と、直接窓口で口座を開設する方法があります。アプリで開設する場合は来店は不要で、運転免許証さえあれば問題ありません。運転免許証をお持ちでない方は窓口で口座を作らなくてはなりません。しかし、福岡銀行は基本的に福岡県で展開している銀行のため、福岡県以外ではその他九州、山口県、広島県、大阪府、愛知県、東京都にしか支店がありません。ですので、運転免許証がなく、福岡県以外にお住みの方は他の銀行のおまとめローンを検討することをおすすめします。

以上を踏まえて、福岡銀行のナイスカバーは、福岡銀行の口座を持っている、借金を着実に返済したい人に向いているおまとめローンの手段と言えるでしょう。特に、長期的なスケジュールで無理なく返済したい方には特におすすめです。まだ福岡銀行の口座を持っていないという方は、運転免許証とアプリを使って簡単に口座を開設できるので、そちらについても詳しく調べてみましょう。

千葉銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、千葉銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

千葉銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

千葉銀行ではおまとめローンの方法として、「クイックパワー<アドバンス>」というカードローンとフリーローンを提供しています。共に金利は1.7%~14.8%で、その他の部分も大きな違いはほとんどありません。目立つ違いと言えば、フリーローンは追加借入れ不可、カードローンは追加借入れ可能という点です。それでは、千葉銀行の「クイックパワー<アドバンス>」のメリット・デメリットをお話ししていきます。

先にメリットをお話しします。まず、千葉銀行のフリーローン魅力は、長い返済期間です。15年間返済可能なため、あなたの経済状況に合った無理のない返済プランで借金と向き合うことができます。

次のメリットとして、手続き方法の豊富さが挙げられます。郵送やWeb申し込みはもちろんのこと、Web上での入力が電話、FAX、携帯電話(ガラケー)でも申し込むことができます。審査書類の記入はWeb上での入力か申し込み用紙に記入となってしまいますが、その前までの申し込みの手続きをあなたに合った方法で行うことができます。

この中で最もお手軽なのはWeb応募で、場合によってはWebで申し込んだその日のうちに即日融資ということもあり得ます。

対してデメリットは、千葉銀行のサービスを利用できる範囲が狭いことです。千葉銀行というだけあって、千葉、東京、神奈川、茨城、埼玉といった関東の一部に限られてしまいます。申し込む前に、必ずあなたが住んでいる地域で千葉銀行のサービスを扱っているかATMがあるかどうかを確認しましょう。

もう1つのデメリットは、「クイックパワー<アドバンス>」のカードローンを選んだ場合、追加で借入れができてしまう点です。強い自制心をお持ちなら問題ありませんが、また借りてしまいそうな気がする方にはあまりおすすめできません。ちなみに、フリーローンでは追加の借入れができません。

千葉銀行は唯一地域性だけがネックではありますが、「クイックパワー<アドバンス>」の豊富な申し込み方法と低い金利は大変魅力的で、関東圏に住む方にはおすすめなおまとめローンです。

西日本シティー銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、西日本シティ銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

西日本シティ銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

西日本シティ銀行では、「NCBおまとめローン」という借金を返済するためのサービスを提供しています。金利は4.5%~15.0%程度と、銀行のローンとしてはやや金利が高く設定されていますが、そこを差し引いても、とても魅力の多いおまとめローンです。「NCBおまとめローン」のメリットとデメリットについてお話しします。

先にメリットからお話しします。まず、西日本シティ銀行のおまとめローンは、土日でも直接対面で申し込めるローンプラザを設置している点が魅力です。Web申し込みとは違い、実際に窓口で担当者に相談をしながら申し込むことができ、平日の日中は時間がない方におすすめです。また、他の申し込み方法には、Web申し込み、電話申し込みがあり、電話申し込みは平日は9:00~20:00、土日は10:00~17:00となっています。

次に、デメリットをお話しします。「NCBおまとめローン」はカードローンやフリーローンと違って、即日融資はできないという点が難点です。おまとめローンは借金返済のためのローンなので、あなたが何社からどれぐらいの額を借入れているのか調査しなくてはなりません。詳しくどれくらいの期間がかかるということも公表していないので、ご利用の際は余裕を持って早めに申し込みましょう。

また、メリットでありデメリットでもある点として、「NCBおまとめローン」は借金やローンの返済しかできないという点が挙げられます。カードローンやフリーローンはおまとめローンとして使うのもありですが、他にも使いたい用事があったら利用できます。しかし、おまとめローンはそういった融通が効かない、返済のためのローンなのです。しかし、散財癖・浪費癖があり、自制できない人にはメリットにもなり得ます。

ちなみに、西日本シティ銀行は西日本と会社名についていますが、西日本以外では唯一、東京にも支店があります。
他の銀行系ローンと比べるやや金利が高めですが、借金を集中して返済したい方にはおすすめなので、ご興味がある方はぜひ調べてみましょう。

三井住友銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、三井住友銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

三井住友銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

三井住友銀行では、カードローンをおまとめローンとして利用することができます。金利は4~14.5%程度で、銀行口座を新しく開設することなく利用できるので、お手軽にはじめることができます。下記で三井住友銀行のおまとめローンであるカードローンのメリットとデメリットをまとめました。

先に三井住友銀行のカードローンのメリットについてお話しします。まず1つ目のメリットとして、いつでもどこでも申し込み可能な点が挙げられます。三井住友銀行のカードローンは、365日24時間いつでもWebから申し込むことができます。しかも、三井住友銀行の口座をお持ちの方は、Webのみで申し込みから契約まで完結させることができるので、忙しい方でもお手軽に利用できます。営業時間外に申し込んでも、審査結果が返ってくるのが翌日以降の9:00~21:00の間に返ってくるため、比較的早く結果を知ることができます。

次のメリットとして、ATMが多い点が挙げられます。三井住友銀行のATMは全国のいたるところに設置されているため、忙しい方や時間がない方でも、返済方法に困る心配は基本的にはありません。しかも、三井住友銀行そのもののATMではなくても、提携しているATMだったら返済することができます。手数料0円で返済できるATMもあるため、お近くのATMの詳細を見てみましょう。

デメリットとしては、他のおまとあめローンと比べて、決して金利が低いわけではない点や、それ故に返済に時間がかかってしまう可能性があることが挙げられます。返済に時間がかかると、それだけ金利もさらにかさんでしまうため、ある程度スピード感のあ返済計画が必要になるでしょう。

三井住友銀行のおまとめローンの方法として利用できるカードローンは金利があまり低くないデメリットがあるものの、すぐに申し込みから審査までをしてもらえるので、返済の催促に追われて日々不安な気持ちをお抱えのような、すぐに契約を結びたい方には向いているサービスといえるでしょう。

イオン銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、イオン銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

イオン銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

イオン銀行では、「イオンアシストプラン」というフリーローンをおまとめローンとして利用することができます。金利は3.8~13.5%程度で、700万円まで借入れ可能です。下記で「イオンアシストプラン」のメリットとデメリットをまとめました。

先にメリットからお話しします。まず、「イオンアシストプラン」の魅力は低金利な点です。金利が3.8~13.5%程度なので、高額の借入れはもちろんのこと、少額での借入れにも比較的易しい設定の金利となっています。10万円から借入れ可能なので、少額の借入れをご希望の方でも利用しやすいサービスです。

次に、窓口に来店せず「イオンアシストプラン」を申し込めるというメリットもあります。申し込み自体はWebと郵送でできるため、日中は忙しくて窓口には行けないという方には嬉しい点でしょう。

続いて、デメリットをお話しします。まずデメリットとして挙げられるのが、イオン銀行の口座を持っていないと利用できない点です。まずは、Web申し込みをはじめ、イオン銀行の店舗窓口、イオン各店に設置されているイオンカード受け付け窓口で口座を開設しましょう。

次に、「イオンアシストプラン」はインターネットで申し込んだあと、さらに書類での申し込みが必要な点もデメリットです。郵送をするとどうしても時間がかかってしまうので、スケジュールに余裕を持って申し込む必要があります。また、イオン銀行の口座を持っていない方はさらに時間がかかってしまうため、すぐに借入れたい方は他の銀行のおまとめローンのサービスをご利用することをおすすめします。

「イオンアシストプラン」はイオン銀行の口座を持っていない方は特に契約まで時間がかかってしまいますが、それを差し引いても、少額でローンを組みたい場合の金利の低さは魅力的です。今すぐに借入れなくてはいけない訳ではない方にはおすすめなサービスです。

楽天銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、楽天銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

楽天銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

楽天銀行では、「楽天銀行スーパーローン」というカードローンをおまとめローンとして利用することができます。金利は1.9~14.5%程度、銀行口座を新しく開設することなく利用できるので、お手軽に利用することができます。下記で楽天銀行のおまとめローンであるカードローンのメリットとデメリットをまとめました。

先に楽天銀行のカードローンのメリットについてお話しします。まず、楽天銀行の口座が無くとも申し込めるというメリットがあります。あなたが普段使っている銀行口座に振込融資してくれるので、余計な手間をかけずに返済を進めていくことができます。さらに、イオン銀行、セブン銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ローソンいった提携ATMなら手数料がかからないので、お気軽にご利用できます。

次に、楽天スーパーポイントをもらえるという点が挙げられます、楽天スーパーローンを申し込むと1000ポイント、さらに、翌月末までに利用実績を積むと最大30000ポイントも獲得できます。お買い物のみならず、楽天モバイルや楽天でんきといった楽天のサービスをよく利用している方には、合計31000ポイントはとてもありがたいポイント付与です。

さらに、20歳以上なら学生であっても「楽天銀行スーパーローン」を利用することができる点もメリットと言えるでしょう。ただし、安定した収入が必要なため、アルバイトなどを日常的にやっている必要があります。

続いて、「楽天銀行スーパーローン」のでデメリットについて、申し込み方法がWebのみという限定された窓口が挙げられます。日頃からスマホやパソコンに触り慣れている方なら問題ありませんが、あまりWebサービスになれていない方にとっては大変不便でしょう。
また、電話で担当者と相談することもできないため、自分で調べるしかありません。申し込みのみならず、サービス内容を知らべる段階でもWebサービスへの慣れが必要になるでしょう。Webサービスに自信がない方は、「楽天銀行スーパーローン 申し込み」「楽天銀行スーパーローン メリット」などで検索して、手順や詳細を調べることをおすすめします。。

「楽天銀行スーパーローン」は、他の楽天サービスと合わせて利用すると特にメリットが大きくなるカードローンです。Webさービスに慣れていて、なおかつ、日頃から楽天を利用している方にはとてもおすすめです。

横浜銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、横浜銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

横浜銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

横浜銀行では、カードローンとフリーローンをおまとめローンとして利用することができます。金利はどちらも1.9~14.6%程度で、1000万円まで借入れ可能です。違う点はカードローンは追加で借入れができますが、フリーローンでできない点です。下記で横浜銀行のおまとめローンであるカードローン、フリーローンのメリットとデメリットをまとめました。

先に横浜銀行のカードローン、フリーローンのメリットについてお話しします。まず、メリットとして高額の借入れに向いている点が挙げられます。金利はいくらでローンを組んだかによって変わり、高額で借入れた分だけ低くなります。特に横浜銀行のローンは高額で借入れた場合の金利が低く、1000万円借入れた場合の金利はたったの1.9%です。あなたが高額借入れをご希望の場合、横浜銀行のカードローン、フリーローンはおすすめです。

次に、専業主婦の方でも申し込みができるという点もメリットです。安定した収入がある本人のみならず、その配偶者でも申し込み可能なので、収入がない専業主婦もパートナーに安定した収入があればサービスを利用できます。

続いて、横浜銀行のカードローンとフリーローンのデメリットについてお話しします。まず、どちらも横浜銀行の口座がないとWeb申し込みが完結できない点が挙げられます。Webで全てを完結させたい場合は、横浜銀行へ口座を作りに行かなくてはなりません。もしくは、横浜銀行の口座を持っていない方は郵送かFAXでもカードローンを申し込むことができます。

次に、利用できる地域が限られている点も、人によってはデメリットと言えるでしょう。横浜銀行というだけあって、横浜銀行は神奈川県、東京都、群馬県の一部地域でしか利用できません。横浜、東京以外の地域のお住まいの場合は、他の銀行のサービスを利用しましょう。

横浜銀行のカードローン、フリーローンは、神奈川や東京に住んでいて、尚且つ横浜銀行の口座をすでに持っている高額借入れ希望者でなくてはあまりメリットがあるとは言えません。しかし、これらすべての条件にあてはまる方にはとてもおすすめです。

りそな銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、りそな銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

りそな銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

りそな銀行では、フリーローンをおまとめローンとして利用することができます。金利は6~14%の固定金利で、500万円まで借入れが可能です。下記でりそな銀行のフリーローンのメリットとデメリットをまとめました。

先に、りそな銀行のフリーローンのメリットからお話しします。まず、りそな銀行のフリーローンのメリットとして、固定金利なので安心できるという点が挙げられます。借入れ金額によって6%、9%、12%、14%の中から金利が決定され、金利が変わることもなく安心して返済に取り組むことができます。

次に、りそな銀行のフリーローンの残高に応じてポイントがたまるというメリットも見逃せません。このポイントは他社のサービスのポイントに交換することができ、nanacoポイントや楽天ポイント、WAONポイント、Tポイントなどのポイントに交換することができます。また、もしもポイントに交換したくない場合は、現金に換金してもらうこともできます。

続いて、りそな銀行のフリーローンのデメリットについてお話しします。まず、りそな銀行のフリーローンを利用するためには、りそな銀行の銀行口座を持っている必要があります。ただし、フリーローン申し込み時に口座を持っていなくてはいけないというわけではないので、契約の手続きまでには用意しておきましょう。

次に、りそな銀行のフリーローンは専業主婦や学生では利用できません。学生は日頃からアルバイトをして定期的な収入を得ていたとしても利用することができないので注意が必要です。ちなみに、パートをしている主婦やフリーターはご利用できます。

りそな銀行のフリーローンは口座を持っていないと利用できませんが、残高でたまるポイントや、なにより、安心の固定金利が魅力的なサービスです。しっかりと計画性を持って返済していきたい方のおまとめローンとしておすすめです。

じぶん銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、KDDIと三菱UFJの共同出資によるインターネット銀行、じぶん銀行のおまとめローンについてお話します。

じぶん銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

じぶん銀行では、カードローンをおまとめローンとして利用することができます。金利は2.2~17.5%程度で、上下に差がある幅広いサービスとなっています。新しく銀行口座を開設することなく利用でき、特にauのサービスをご利用中の方には嬉しい特典があるサービスです。下記でじぶん銀行のカードローンのメリットとデメリットをまとめました。

先にじぶん銀行のカードローンのメリットについてお話しします。まず、じぶん銀行では「au ID」というauの会員IDを持っていると、金利が低くなる可能性があります。au限定割りというサービスを利用でき、金利は1.7%~12.5%ほどに引き下げてもらえる可能性があります。

ちなみに、「au ID」とは、au携帯電話やauひかり、au one net、マンションプラス電話・ケーブルプラス電話・ホームプラス電話といったサービスをご利用中の方に発行される会員情報です。元々auのサービスをご利用している方は低金利でローン返済に向き合うことができるのでおすすめです。

次のメリットとして、申し込みから契約までWebで完結させることができる点が挙げられます。それに伴って、いつでもどこでも365日24時間いつでもWebから申し込み可能なので、忙しい方にはぴったりです。

しかし、便利なじぶん銀行のカードローンにもデメリットがあります。まず、審査が終わるまで大体3~4日はみておいた方が良い点です。Webでお手軽に早く申し込むことができますが、その代わり、審査で多少時間を取られてしまいます、そして、すぐに審査結果が来ないからといって、消費者金融のアコムへ申し込むのはやめましょう。なぜかというと、アコムはじぶん銀行カードローンの保証会社でもあるからです。

また、もう1つのデメリットとして、「au ID」を持っていない場合、銀行のカードローンとしては少々金利が高めに設定されている点です。「au ID」を持っていない方には、平凡なカードローンという印象を与えてしまうかもしれません。
じぶん銀行のカードローンは審査の厳しさが目立ちますが、auのサービスをご利用中の方にはとてもおすすめです。「au ID」をお持ちの方は、ぜひご検討ください。

東京スター銀行のおまとめローンが向いている人は?審査は厳しい?

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を1社が全額返済し、あなたはその会社が支払った額を月々ローン払いで返済していくという返済方法です。特に銀行が提供するローンのサービスは金利が低い傾向があるため、金利への対策にはおすすめです。今回は、東京スター銀行が提供するおまとめローンについてお話します。

東京スター銀行のおまとめローンのメリット・デメリット

東京スター銀行では、「スターワン乗り換えローン」というおまとめローンを利用することができます。金利は12.5%程度で固定、おまとめローンなので返済しかできず、追加で融資を受けることもできない、返済のためのローンです。下記で「スターワン乗り換えローン」のメリットとデメリットをまとめました。

まず、「スターワン乗り換えローン」のメリットとして、借入先が多くても対応してもらえる点が挙げられます。「スターワン乗り換えローン」は借金の乗り換えを目的とした返済のためのローンなので、たとえ高額なローンでも、前向きな対応をしてもらえます。

次に、金利が12.5%程度で固定されている点も魅力です。他社のカードローンやフリーローンは金利の上限の幅が10%以上あり、申込者には把握しづらい点がありますが、「スターワン乗り換えローン」の金利のように固定されていると分かりやすいので、管理しやすいという良さがあります。返済としっかりと向き合っていく上で、固定金利は大変ありがたいと仕組みです。

しかし、デメリットもあります。まず、専業主婦やパート勤めの主婦、フリーターの方は「スターワン乗り換えローン」を利用できない可能性が高いという点です。正社員か契約社員、派遣社員といった会社員ではないと、審査が厳しいとされています。また、年収が200万円以下の方も審査に落ちる可能性が高いので注意しましょう。

次に、申し込みから契約までの時間がかかるという点です。借入れが多ければ多いほど調査が慎重になるため、2~4週間程度の時間がかかる場合が多いです。また、土日祝は審査を行っていないため、さらに時間がかかってしまうため、なるべく早く手続きを済ませたい方にはおすすめできません。

東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」は時間がかかっても、確実に返済を進めていきたい方にはおすすめのサービスです。