借金の借り換えとは?金利を下げる方法を紹介!

借金をするときにクレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のキャッシングを利用している場合、銀行カードローンに借り換えれば金利が安くなります。

ここでは借金の借り換えについて詳しく説明したうえで、おまとめローンとの違いやデメリットについてもふれていきます。

賢く借金を借り換えれば金利が下がる!

借金の借り換えとは、今の会社よりも金利が安い会社からお金を借りて借金を返済し、その後は新しく借りた金利の低い会社に返済を行っていくという方法です。

クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のキャッシングは金利が上限に近いことがほとんどですので、より低金利な銀行カードローンに借り換えれば、それだけ金利を低く抑えられるということです。

例えば、金利18%のアイフルから90万円を借金している場合、支払う利息の総額は18万円程度になることが多いですが、三井住友銀行カードローンに借り換えて金利が14%になった場合に支払う利息は合計で約14万円なので、借り換えることで約6万円お得になります。

借金の借り換えとおまとめローンの違い

おまとめローンとは、複数の会社から借金をしている人が1社からお金を借りて今ある借金をすべて返済し、その後は1社だけに返済していくという形のローンです。

おまとめローンが借金の借り換えと異なるのは、借りたお金ですべての会社からの借金を返済し、返済を完全に1社にまとめるという点です。

おまとめローンでは必然的に借入額が高額になりますので、審査が厳しくなるほか、今ある借金を完済したという証明書を提出しなければならないなど、若干手続きが複雑です。

一方、借り換えならおまとめローンほど審査が厳しくなく、完済の証明書も必要になりません

借金の借り換えにはデメリットもある

借金の借り換えでは低金利な銀行カードローンを利用するため、消費者金融やクレジットカード会社と比べると、審査は厳しめになります。

また、毎月の返済額を小さくし過ぎると返済期間が長引いて支払う利息の総額がかえって高くなるので注意してください。

まとめ

借金の借り換えとは、低金利な銀行カードローンなどを利用して今ある借金を返済し、より低い金利で借金の返済ができるようにすることをいいます。

借り換えはおまとめローンと違って完済の証明書が不要で、審査もおまとめローンほど厳しくありません。

ただし、クレジットカード会社や消費者金融と比べると審査は厳しめです。

また、返済の方法によっては支払う利息の合計額がかえって増えるので気をつけてください。

SNSでもご購読できます。